フレイムメイプル HSH トランスデニム ブラックバック

ギャラリーはこちら。

2015年にオーダーいただきました。

ご購入ならび、コメントの掲載も快諾していただきありがとうございます。

インプレッションは以下です。

レビュー遅くなり大変申し訳ありません。

先日、ようやくスタジオに入ることができましたのでレビューを書かせていただきます。

 

・購入のきっかけ

今まではハムバッカータイプのギターしか持っておらず、シングルコイルのギターがほしいと思っていましたが、やはりハムも恋しいということで、コイルタップを搭載した一本で多彩な音を出せるギターを望んでいたため、特殊な配線を実現させるためにもオーダーさせていただきました。

 

・入手前の印象

もともとネットなどでよい評判を見ていたので心配などは特にありませんでした。また、オーダーの際にはセミオーダーでありながらペグの種類やピックアップのカラーなど細部にわたって要望を聞いていただき、わからないパーツ等につきましたは詳しく解説していただき大変丁寧な対応でした。制作に入ってからは、自分のギターが少しずつ完成していく様子を写真で細かく確認することができ毎日確認するのが非常に楽しみでした。

 

・使用してみてからの感想

塗装にむらがなく、大変きれいな印象を受けました。

ギターケースに入れて持ち運ぶとき、大抵の場合チューニングが狂うと思いますがまったく狂いません。GOTOH製のペグの制度の高さもあるでしょうが、パーフェローというネックの材の硬さも十分うかがえます。

 

・弾き心地

コンパウンドレディアスということもあり、ヒールカット加工も相まってハイポディションまで非常になめらかで弾きやすいです。

そして、何より驚いたのがボディー鳴りの良さです。これはネックとボディの作りが非常に丁寧で且つ、良い材を使用しているからではないでしょうか。

 

・サウンド

スタジオにありました2台のアンプを使ってみました。

Roland JC-120

まずはクリーンサウンドということで使ってみました。コイルタップ機能を搭載したギターを弾くのは初めてでしたが、シングル時の音はアルダー材なのもあり、テレキャスほどハイが尖ることはありませんが、それでもしっかりシングル特有の音が出ていました。ハムに切り替えるとしっかりとハムの音になります(当たり前ですが感動しました。)

いずれの場合においても、硬いパーフェローを用いているおかげか、とても音がシャープで、とにかく太いといった印象を受けました。

 

Marshall JCM800

続いてドライブサウンドということでアンプで歪ませて音作りをしてみました。

クリーントーンと同様に図太い音が出るためハムサウンドのミュート音の迫力がカッコよく、シングル時には非常にピッキングニュアンスを出しやすくとても素直だと感じました。

 

5-way仕様ですがそれぞれまったく異なるキャラクターであり、要望通りいろいろな場面使用できるオールラウンダーなギターであり、大変感謝しております。

 

・その他

はっきり申し上げまして、お値段以上の価値がかなりあります。

ステンレスフレット、キャビティ内の導電塗装といったハイエンドギターに搭載するようなオプションを採用しつつ、さらに作りも非常に丁寧で、文句なしの一本です。ありがとうございました。

2020年

10月

19日

組み込み完了

組み込みが完了しました。

PUはオーナー氏持ち込みになります。

弦を張るところまで進めてあります。

最終セットアップをして完成となります。

0 コメント