アルダー HSH Cat Eye ガンメタルグレー

■ボディ
* 2ピース アルダー セミホロー
* ピックアップ

Neck: Bare Knuckle The Mule

Middle: Bare Knuckle Mother's Milk

Bridge: Bare Knuckle The Mule

* ブリッジ: GOTOH 510TS-FE1

 

■ネック

* ローズウッド

* 指板 ローズウッド

* ナット LSRローラーナット

* ナット幅 1.688インチ(約43mm)
* フレット 6150 Stainless Steel
* 指板R 10-16インチ Compound

* ネックの太さ .860"インチ(21.8mm)~.960"インチ(24.3mm)

* ペグ GOTOH SG360 MG-T

 

* ボディ ポリウレタン塗装 ガンメタルグレー

* ネック オールラッカー サテン(つや消し)

* String Gauge: .010-.046

 

* ストラップピン ロックピン取り付け済み

 

SOLD OUT

 

こちらは企画製作品になります。

今回3本製作した内の1本になります。

PUはいずれもBare Knuckle製での製作になります。

 

ボディはセミホロー構造でバック材、トップ材ともにアルダーになります。

かなり軽量で取り回しはバッチリです。

ネックはローズウッド、指板も同材で組み合わせました。

軽量のセミホローアルダーボディは豊かな鳴りで、ボディ体積は335などと比べて小さいながらもしっかりとエアー感、箱鳴り感を出してくれます。

ネック材は芯鳴りのするローズウッドをチョイスし、セミホローボディということもあり全体の鳴りをまとめるイメージで組み合わせてみました。

 

ボディカラーはガンメタルグレーというカラーになります。

メタリック系カラーですが派手さをあまり出さず、落ち着いた色合いになるよう仕上げました。

ハードウェアカラーはブラックで揃え、PUもカバードのブラックになります。

 

ネックジョイントはかなりタイトで組み込み精度も抜群です。

ボディバックにはヒールレス加工がしてあるのでハイポジションが弾きやすくなっています。

ペグはGOTOHのロック式です。ペグ裏のつまみを回してロックするタイプです。

 

コントロールは1V、1T、5way、

トーンのツマミはPUSH-PUSHロック式になっております。

PUの切り替えは5wayで企画製作の他のHSHのモデルと同じになります。

上から、フロントハム、フロントコイルタップ、フロントハム+リアハム、リアコイルタップ、リアハム
トーンのツマミPULL状態でセンターPUが出力されます。
フロントハム、フロントコイルタップ+センター、センター、リアコイルタップ+センター、リアハムの順になります。

 

ピックアップはハムがBare Knuckle The Mule、シングルはBare Knuckle Mother's Milkで組み合わせました。

The Muleはヴィンテージ系で出力がやや抑えられたモデルになります。いわゆるPAF系で、近年ハンドワイヤーPUでは人気のモデルになります。

シングルコイルはそれに合うよう同じくヴィンテージ系のMother's Milkで合わせました。

全体的なスペックを考慮して、ホローボディの箱鳴り感、ピッキングの強弱やタッチの違いによる出音の変化も忠実にアウトプットできるようPUは選定しました。

ニュアンス重視のプレイにとても合うと思います。

コイルタップ配線も入れてありますのでより幅広くサウンドメイキング可能かと思います。

 

ネックは演奏性を考慮してつや消しフィニッシュになっています。

すべりが良く、フィンガリングがし易いです。

 

トラスロッドはヘッドトップから調整できますのでネックを外さずにメンテ可能です。

 

フレットはステンレスですので耐久性も強く、ほぼメンテフリーで末永くお使いいただけると思います。

サイズは6150になります。

6100など、いわゆるジャンボフレットと言われるものほど大きくなく、ジャンボフレットにありがちな引っかかるような弾き心地が苦手な方も馴染みやすいと思います。

 

指板サイド、フレットサイドの面取りも丁寧にしてありますので非常に弾きやすいです。

 

塗装はボディが耐久性を考慮してポリウレタンサテンフィニッシュ、ネックはオールラッカーフィニッシュとなっております。

 

状態は新品です。

細部までセットアップ済みで即お使いいただけます。

 

ロックピンを取り付け済みにしてあります。

受け側もお付けします。

2018年

12月

15日

塗装完了

仕上げのクリアーまで塗装し終えております。

これにて塗装は全工程完了となります。

乾燥期間の後、研磨、コンパウンドでの艶出し、組み込みに入っていきます。

0 コメント