プレーンメイプル P90-H ブラックメタリック

■ボディ
* 2ピース アルダー
* ピックアップ

Neck:  Bare Knuckle Half Note

Bridge:  Bare Knuckle VHⅡ

* ブリッジ: GOTOH 510TS-FE1

 

■ネック

* Q-sawnメイプル

* 指板 エボニー

* ナット TUSQ

* ナット幅 1.650インチ(約42mm)
* フレット 6150 Stainless Steel
* 指板R 10-14インチ Compound

* ネックの太さ .820"インチ(20.8mm)~.890"インチ(22.6mm)

* ペグ GOTOH SG360 MG-T

 

* ポリウレタン塗装 ブラックメタリック

* ネックはサテン(つや消し)

* String Gauge: .010-.046

 

* ストラップピン ロックピン取り付け済み

現在販売中です。

販売ページはこちら

 

こちらは企画製作品になります。

今回3本製作した内の1本になります。

PUはいずれもBare Knuckle製での製作になります。

 

ボディはアルダー、プレーンメイプルトップになります。

ネックはQ-sawnメイプル、エボニー指板で組み合わせました。

フラットな音域のアルダーは音の立ち上がりが早く、トップ材のメイプルとエボニー指板の鳴りと合わさってタイトで芯のあるソリッドギターらしい鳴りをしてくれます。

 

ボディカラーはブラックメタリックになります。

一見ソリッドのブラックにも見えますが、角度によってギラギラとしたメタリック感もしっかり出ます。 

ハードウェアカラーはブラックで揃え、締りのあるルックスに仕上がりました。

 

ネックジョイントはかなりタイトで組み込み精度も抜群です。

ボディバックにはヒールレス加工がしてあるのでハイポジションが弾きやすくなっています。

ペグはGOTOHのロック式です。ペグ裏のつまみを回してロックするタイプです。

 

コントロールは1V、1T、5way、

PU配列はP90-Hと少し珍しいのですが、配線も少し特殊になっておりまして、リアハムのパラレル(並列)での出力も可能となっております。

パラレル(並列)の出力はスタンダートなシリーズ(直列)に比べて若干落ち、ちょうどミニハムに近いニュアンスになります。サウンドバリエーションが広がり様々な用途にお使いいただけるかと思います。

5wayの順は上から、フロントP90、フロントP90+リアコイルタップ、フロントP90+リアハム(直列)、リアシリーズ(並列)、リアハム(直列)の順になります。

 

ピックアップはハムがBare Knuckle VHⅡ、P90はBare Knuckle Half Noteで組み合わせました。

VHⅡはヴィンテージ系の中でも出力がややHOTなモデルになりまして、高域がよく通るモデルになります。

クランチサウンドはもちろんのこと、程よくパワー感がありますので深い歪のハードロックサウンドまで対応可能かと思います。

フロントのP90はVHⅡとの相性や出音のバランスなど考慮して、以前スプルースP90-S-P90のモデルにも載せたことのあるHalf Noteをチョイスしました。

PU配列、コントロールは非常にシンプルですが5way切り替えでのサウンドバリエーションは多く、操作性も良く扱いやすいかと思います。

 

 

トラスロッドはヘッドトップから調整できますのでネックを外さずにメンテ可能です。

 

フレットはステンレスですので耐久性も強く、ほぼメンテフリーで末永くお使いいただけると思います。

サイズは6150になります。

6100など、いわゆるジャンボフレットと言われるものほど大きくなく、ジャンボフレットにありがちな引っかかるような弾き心地が苦手な方も馴染みやすいと思います。

 

指板サイド、フレットサイドの面取りも丁寧にしてありますので非常に弾きやすいです。

 

塗装はボディ、ネックともに耐久性を考慮してポリウレタンサテンフィニッシュとなります。

 

状態は新品です。

細部までセットアップ済みで即お使いいただけます。

 

ロックピンを取り付け済みにしてあります。

受け側もお付けします。

2018年

10月

06日

組み込み開始

ボディの磨き、コンパウンドでの艶出しが完了し、組み込みに入っています。

ノイズ処理、配線作業まで完了しました。

ひろまず弦を張るところまで進めていきます。

0 コメント