キルトメイプル 2H ローズネック ブルーバースト

■ボディ
* 1ピース マホガニー キルトメイプルトップ
* ピックアップ

Neck: Marchione(8kΩ)

Bridge: Marchione(9kΩ)

* ブリッジ: GOTOH 510TS-FE1

 

■ネック
* ローズウッド

* 指板 ローズウッド

* ナット TUSQ

* ナット幅 1-11/16インチ(約43mm)

* フレット 6150 Stainless Steel
* 指板R 10-16インチ compound

* ネックの太さ .800"インチ(20.3mm)~.850"インチ(21.6mm)

* ペグ  GOTOH SG360 HAPM

 

* ボディ ポリウレタン塗装 ブルーバースト

* ネック オールラッカー塗装 サテン(つや消し)ヘッドトップはツヤあり(グロス)

* String Gauge: .010-.046

 

* ストラップピン ロックピン取り付け済み

SOLD OUT


オーナー様よりコメントいただきました。

詳細はこちら。

 

こちらは企画製作品になります。

製作記には載せていないモデルになります。

しばらくストックしていた材を使い、コツコツ少しずつ製作しておりました。

 

以前製作した、キルトメイプル 2H ローズネック チェリーバーストが個人的にはかなり気に入っていたので同じローズネックのモデルをまた作りたくなり、ほぼ同仕様、色違いで製作してみました。

 

音響ですが、メイプルほど硬質でパリっと前に出る感じはしませんが、程よく抜ける感じもあり、一番の特徴は芯鳴りがすることでしょうか。サスティーンも十分あります。

色など見た目もスペシャル感が出ますので通常のモデルとは違った感じを出したい場合にもオススメの材です。

 

ボディは軽量のマホガニーで、貴重な繋ぎ目なしの1ピースになります。

トップ材はしっかりと目の出たキルトメイプルになります。

一旦木地着色をして杢目を強調し、コントラストがより出るようにしてあります。

 

カラーリングにも少し拘りをいれてみました。

ブルーバースト系カラーなのですが、ボディ中央部は退色したような木の色に近いカラーリングになっています。

すごく鮮やかで奥行きのある立体的な色合いに仕上がったかと思います。

 

ネックジョイントはかなりタイトで組み込み精度も抜群です。

ボディバックにはヒールレス加工がしてあるのでハイポジションが弾きやすくなっています。

ペグはGOTOHのロック式です。

 

コントロールは1V、1T、5way、

2ハムですが5段階切り替えでコイルタップ配線を入れているので使い勝手は良いと思います。

PU切り替えは上から、フロントハム、フロントコイルタップ、フロントハム+リアハム、リアコイルタップ+フロントコイルタップ、リアハム、の順です。

 

ピックアップは単体で入手が困難なMarchioneのものを載せました。

画像で確認できるかと思いますがロゴ入りになります。

フロントは8kΩ、リアは9kΩとローパワー過ぎず程よくパワーもあり、音の分離がよくピッキングニュアンスがすごく出しやすいです。

出音のバランスも良く、クリーントーンからドライブサウンドまでオールジャンルで演奏していただけるかと思います。

 

ネックの裏面は演奏性を考慮してつや消しフィニッシュになっています。

すべりが良く、フィンガリングがし易いです。

ローズウッドは塗装が必要ないようですが、通常のモデルと同様にラッカーでフィニッシュしてあります。

ヘッドトップはツヤあり(グロス)になります。

 

トラスロッドはサイドから調整できますのでネックを外さずにメンテ可能です。

フレットはステンレスですので耐久性も強く、ほぼメンテフリーで末永くお使いいただけると思います。

サイズは6150になります。

6100など、いわゆるジャンボフレットと言われるものほど大きくなく、ジャンボフレットにありがちな引っかかるような弾き心地が苦手な方も馴染みやすいと思います。

 

指板サイド、フレットサイドの面取りも丁寧にしてありますので非常に弾きやすいです。

 

塗装はボディが耐久性を考慮してポリウレタンフィニッシュ、ネックはオールラッカーフィニッシュとなっております。

 

状態は新品です。

細部までセットアップ済みで即お使いいただけます。

 

ご要望が多々ありましたのでロックピンを取り付け済みにしてあります。

受け側もお付けします。

2018年

10月

06日

組み込み開始

ボディの磨き、コンパウンドでの艶出しが完了し、組み込みに入っています。

ノイズ処理、配線作業まで完了しました。

ひろまず弦を張るところまで進めていきます。

0 コメント