キルトメイプル HSH ダークレッド

■ボディ
* 2ピース アルダー キルトメイプルトップ

* ピックアップ
Neck: Seymour Duncan Pearly Gates

Middle:Seymour Duncan APS-1

Bridge: Seymour Duncan CustomCustom

* ブリッジ: GOTOH 510TS Raw Vintage Saddle

 

■ネック
* Q-Sawn メイプル
* 指板  パーフェロー

* ナット幅 1-11/16インチ(約43mm)
* ナット TUSQ

* フレット  6105 Stainless Steel

* 指板R 10-16インチ compound

* ネックの太さ .850"インチ(21.6mm)~.950"インチ(24.1mm)

* ペグ  Sperzel

 

* オールラッカー塗装 ダークレッド マッチングヘッド

* String Gauge: .009-.046

オーナー様よりコメントいただきました。

詳細はこちら。

 

こちらはお客様のオーダー品です。

木目とカラーリングが目を惹きつけますね。

キルトのコントラストがはっきりと出るように下地から仕込んで塗装してあります。

PU配列は演奏範囲の広いHSH仕様。

 

コントロールは1V、2T、5way、1ミニスイッチ、トーンの1つはプッシュプルポット

ミニスイッチはハムモードとシングルモードの切り替えになります。それと併せてポットの抵抗も500kと250kに切り替わります。

 

PUの切り替えはハムモード時、上から、フロントハム、フロントコイルタップ、フロントハム+リアハム、リアコイルタップ、リアハム

シングルモード時、上からフロントコイルタップ、フロントコイルタップ+センター、センター、リアコイルタップ+センター、リアコイルタップ

トーンポットPULLでフロントとリアのミックスになります。

 

サウンドは本当に多彩です。色々遊べるので使い甲斐がありますね。

 

フレットはステンレスですので耐久性も強く、ほぼメンテフリーで末永くお使いいただけると思います。

指板サイド、フレットサイドの面取りも丁寧にしてありますので非常に弾きやすいです。

 

塗装はボディ、ネックともにオールラッカーフィニッシュです。

ネックは演奏性を考慮してつや消し(サテン)フィニッシュになっております。

オールラッカーですのでこれから経年変化もお楽しみいただけるかと思います。

 

2018年

10月

06日

組み込み開始

ボディの磨き、コンパウンドでの艶出しが完了し、組み込みに入っています。

ノイズ処理、配線作業まで完了しました。

ひろまず弦を張るところまで進めていきます。

0 コメント