フレイムメイプル HSH トランスブラックバースト

■ボディ
* 2ピース マホガニー フレイムメイプルトップ
* ピックアップ

Neck: Suhr Thornbucker

Middle: Lindy Fralin Highoutput

Bridge: Suhr Thornbucker

* ブリッジ: GOTOH 510TS-FE1

 

■ネック

* ローズウッドワンピース

* ナット TUSQ

* ナット幅 1.685インチ(約43mm)
* フレット 6150 Stainless Steel
* 指板R 10-16インチ Compound

* ネックの太さ .800"インチ(20.3mm)~.850"インチ(21.6mm)

* ペグ GOTOH SG360 MG-T

 

* オールラッカー塗装 トランスブラックバースト

* ネックはサテン(つや消し)

* String Gauge: .010-.046

 

* ストラップピン ロックピン取り付け済み

SOLD OUT

 

こちらは企画製作品になります。

 

ローズウッドネックで2本製作したのうちの1本になります。

こちらはPGレス、ダイレクトマウントHSH配列のモデルになります。

ネックグリップは他の企画製作のものと比べてややスリムなタイプになります。

 

ボディカラーはトランスブラック系カラーで仕上げました。

渋く暗い色合いになっているのですが、ボディ中央部はFaded(退色したようなカラー)になっており、木の質感もしっかり見える仕上げになっております。

照明加減によってはダークな感じ、または明るくゴールドっぽくも見え、見た目でも楽しんでいただけると思います。


ボディ材はマホガニー、フレイムメイプルトップ、

ネック材はローズウッドワンピースになります。

ローズウッドワンピースネックは芯鳴りがし、音が残るので粘りがある印象でしょうか。

ハイの抜けも良いのでマホガニーの中域の鳴りと相性が良いです。

 

ネックジョイントはかなりタイトで組み込み精度も抜群です。

オールラッカー仕上げですのでほんの小さな塗装の痩せや傷等があるかもしれません。ご了承ください。また、極薄塗装ですのでこれから経年変化もお楽しみいただけると思います。

 

ボディバックにはヒールレス加工がしてあるのでハイポジションが弾きやすくなっています。

ペグはGOTOHのロック式です。ペグ裏のつまみを回してロックするタイプです。

 

コントロールは1V、1T、5way、

トーンのツマミはプッシュロック式になっております。

PUの切り替えは5wayで企画製作の他のHSHのモデルと同じになります。

上から、フロントハム、フロントコイルタップ、フロントハム+リアハム、リアコイルタップ、リアハム
トーンのツマミPULL状態でセンターPUが出力されます。

フロントハム、フロントコイルタップ+センター、センター、リアコイルタップ+センター、リアハムの順になります

 

ピックアップはSuhrとLindy Fralinで組み合わせました。

ハムがThornbucker、シングルがHighoutputの組み合わせになります。

ThornbuckerはSuhrの新機種で、Peter Thorn氏のシグネイチャーピックアップになります。

氏が数多のブティックメーカー・ピックアップに感じるストレスを克服し、ピックアップの最高峰50’s PAFをSuhrの最新技術でリメイクしたモデル、とのことです。

さすがに音はかなり良いです。

ハムの太さもありつつ、音抜けはすごく良いです。歪ませても決してブーミーにはなりません。

マホガニーボディのウォームな鳴りと相まって、スカスカにはなり過ぎず、良い感じの塩梅になっております。

 

ネックの裏面は演奏性を考慮してつや消しフィニッシュになっています。

すべりが良く、フィンガリングがし易いです。

ローズウッドは塗装が必要ないようですが、通常のモデルと同様にラッカーでフィニッシュしてあります。

 

トラスロッドはヘッドトップから調整できますのでネックを外さずにメンテ可能です。

フレットはステンレスですので耐久性も強く、ほぼメンテフリーで末永くお使いいただけると思います。

サイズは6150になります。

6100など、いわゆるジャンボフレットと言われるものほど大きくなく、ジャンボフレットにありがちな引っかかるような弾き心地が苦手な方も馴染みやすいと思います。

 

指板サイド、フレットサイドの面取りも丁寧にしてありますので非常に弾きやすいです。

 

状態は新品です。

細部までセットアップ済みで即お使いいただけます。

 

ご要望が多々ありましたのでロックピンを取り付け済みにしてあります。

受け側もお付けします。

2018年

10月

06日

組み込み開始

ボディの磨き、コンパウンドでの艶出しが完了し、組み込みに入っています。

ノイズ処理、配線作業まで完了しました。

ひろまず弦を張るところまで進めていきます。

0 コメント