着色完了

着色まで完了しております。軽くクリアーを吹いてあります。

あと数回クリアーを塗装し、仕上げとなります。

いい感じのカラーリングになりました。

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    Hiro@えぼるぶ (日曜日, 08 3月 2015 11:58)

    うは☆鮮やかですねぇ~♪
    ところで…画像を拝見していて思ったのですが…
    この個体は、ウエスト部分のコンターがかなり深めなのでしょうか?
    トップからの距離がめちゃめちゃ薄い気がしました。すごい弾き易そうです☆

    それにしても…
    色が載ると、下地の時は大人しめだった杢も、ぐっと浮き出るような感じがします。
    表面的な感じではなく、光の当たり具合で奥の方から浮き出るような…奥行きのある感じがして素敵です☆

  • #2

    katourin (日曜日, 08 3月 2015 22:51)

    鮮やかな赤、かっこいいです!
    トップのメイプルによるバインディングで、全て真っ赤なのもかっこいいですがよりいやらしさのない高級感が出ますね。
    早くネックもあわせた姿が見たくなります。
    RYさんはどれもそうですが、このギターも使い込まれたらさらにかっこよくなりそうです!

  • #3

    RY Guitar (月曜日, 09 3月 2015 03:45)

    Hiro@えぼるぶさん、
    ウエストのコンターはその他のモデルと変わりありませんが写真写りでそう見えるのかもしれませんね。
    塗装が入ると立体感が出てまた違った雰囲気になるのでそれが楽しみでもあります。

    katourinさん
    パーフェローネック、活用してくださっているようで嬉しい限りです。
    鮮やかな赤系でバーストしました。実物はもう少し黄色みが出ている感じです。
    ナチュラルバインディングが入ってると印象が違いますよね。
    ラッカー塗装のモデルは経年変化込みで楽しく使っていただけたら嬉しいな、という思いで製作しております。
    メイプル指板でナチュラルバインディング仕様ですのでPUカラーも白系で合わそうか、などいろいろ構想しております。
    完成まで是非ご覧くださいませ。




2019年

10月

30日

組み込み完了

組み込みが完了しました。

PUはSeymour Duncan、1ハム仕様になります。

弦を張るところまで進めてあります。

最終セットアップをして完成となります。

0 コメント