組み込み開始

ボディの磨き、艶出しが完了し、組み込みに入っています。

ノイズ処理、配線作業まで完了しました。

まもなく弦を張るところまで進めていきます。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Hiro@えぼるぶ (月曜日, 07 3月 2016 02:43)

    おぉ~~~☆ やはり美しいです♪
    カバードのP.U.が付いている事で、何となく落ち着いた感じの全体像ですね。
    何と言うか…肩肘張ってない様な…力が良い感じに抜けている様な…う~ん…上手く表現できませんが…
    このギターを持つとリラックスしてプレイ出来そうな…そんな印象の個体に思えます☆

    …で、思わず嬉しくなってしまったパーツが一つあります☆
    このノブ…Q-Parts製ではないでしょぉか?(*^~^*)
    私も、自分でカスタムした固体に、同社の白パールノブを付けています♪

    指板のアバロン・ドットと揃っていて、とても綺麗ですね☆
    …そぉか…ボディカラーと、この辺の色が相まって、余計に『爽やか』なイメージになってるのかも
    しれませんね☆

  • #2

    RY Guitar (月曜日, 07 3月 2016 22:43)

    Hiro@えぼるぶさん、ありがとうございます。
    カバードPUがいい感じにマッチングしていますね。
    こちらのノブはオーナー氏の持ち込みパーツになります。ポジションマークのアバロンと同じ柄で揃えてあります。ノブだけでも変えると印象が変わりますね。

2019年

10月

30日

組み込み完了

組み込みが完了しました。

PUはSeymour Duncan、1ハム仕様になります。

弦を張るところまで進めてあります。

最終セットアップをして完成となります。

0 コメント