組み込み開始

ボディの磨き、コンパウンドでの艶出しが完了し、組み込みに入っています。

ノイズ処理、配線作業まで完了しました。

ひろまず弦を張るところまで進めていきます。

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    Hashi・・・・ (日曜日, 27 10月 2019 10:40)

    現在絶好調ですよ
    PUは若干パワー抑え目の物に変えましたが
    それがドはまりでした
    良いマホの音が出ます

  • #2

    RY Guitar (日曜日, 27 10月 2019 21:43)

    コメントありがとうございます。
    調子よく使ってもらっていて嬉しいです。他のモデルの調子はいかがでしょうか?
    またこちらで掲載させていただきたいと思います。

  • #3

    Hashi・・・・ (日曜日, 27 10月 2019 22:23)

    他のモデルもそれぞれに役割を持たせて良い感じで使い分けてます。
    (このマホボディでは歪ませてアイオミ、フロントクリーンでジャズっぽくなります。)
    今後の掲載も楽しみにしてますね。

  • #4

    RY Guitar (日曜日, 27 10月 2019)

    それぞれ材の組み合わせが異なりますので音の特徴がよくわかりそうですね。
    しばらく先にはなってしまいますがまた掲載させていただきます。

2019年

10月

30日

組み込み完了

組み込みが完了しました。

PUはSeymour Duncan、1ハム仕様になります。

弦を張るところまで進めてあります。

最終セットアップをして完成となります。

0 コメント