組み込み開始

ボディの磨き、コンパウンドでの艶出しが完了し、組み込みに入っています。

ノイズ処理、配線作業まで完了しました。

ひとまず弦を張るところまで進めていきます。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    mahogany (土曜日, 26 10月 2019 15:01)

    毎回、異なる仕様のギター製作過程を楽しみに拝見しております。
    こちらのギターのPUセレクターは、どのような仕組みで切り替えるのでしょうか?

  • #2

    RY Guitar (土曜日, 26 10月 2019 17:38)

    コメントありがとうございます。
    こちらのモデルはオーナー氏のご指定でフロントPUのみ出力の配線になります。センターとリアは出力していません。
    コントロール回路は一切通らず、PUの出力がそのままダイレクトに出ている形になっています。

2019年

10月

30日

組み込み完了

組み込みが完了しました。

PUはSeymour Duncan、1ハム仕様になります。

弦を張るところまで進めてあります。

最終セットアップをして完成となります。

0 コメント