企画製作 #4 組み込み開始

ボディの磨き、コンパウンドでの艶出しが完了し、組み込みに入っています。

レリック加工を入れて下地が見えるようにしてあります。

ネックの黒ずみはエボニーの粉で再現しています。

やはり同じ木ですので色なじみがよく、自然にヴィンテージな雰囲気が出ていると思います。

 

ノイズ処理、配線作業まで完了しました。

ひとまず弦を張るところまで進めていきます。

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    MK (木曜日, 26 5月 2022 10:11)

    エボニーの粉でネックの使い込みを再現、面白いですね…!

  • #2

    RY Guitar (金曜日, 27 5月 2022 06:34)

    コメントありがとうございます。
    パット見、使い込んだ感はあるのですが、手触りはサラサラで引っ掛かることなくフィンガリングできますね。
    オイルなどその他の方法で黒ずみを出すとべたつきも気になりますし、汚れている感じは出したくなかったので同じ木で黒ずみを再現してみました。

  • #3

    KM (土曜日, 28 5月 2022 16:10)

    販売はいつ頃を予定されていますか?

  • #4

    RY Guitar (土曜日, 28 5月 2022 16:47)

    販売ページはまだ公開しておりませんが、完成品が手元にありますので販売はいつでも可能ですよ。
    詳細など気になるようでしたらお問い合わせ欄からご一報いただけましたら折返しご連絡させていただきます。
    販売ページは来週中にでも公開できるように現在準備を進めています。

2022年

11月

26日

組み込み完了

組み込みが完了しました。

PUはDimarzioの組み合わせになります。

弦を張るところまで進めてあります。

最終セットアップをして完成となります。

0 コメント